ブログトップ

井上惠介の陶芸と盆栽の日々

koajirotou.exblog.jp

第39回全陶展

横浜赤レンガ倉庫でのグループ展、無事終了しました.ご来場頂いた皆様ありがとうございました。
ここ何年間かはグループ展と言うとせいぜい2人か3人展ぐらいだったので、11人と言うグループでの展覧会は、15年程前に原宿のギャラリーで行った以来だったかな。新鮮だった。

同業の焼き物屋や、ガラス,金属と言った異なる素材の作家を含めたグループ展は初と言っても良いだろう.隣室はクラフトマンズヨコハマの会員展で、反対隣はバスケタリー展(様々な素材を編むと言う行為を通して立体を作る)と、合わせれば40名近い工芸、クラフト作家の集まりだった。

お互い情報交換も出来,明るい話も 暗い話も 暗い話も・・・あれ・・・。
ヨコハマ赤レンガと言う立地も百貨店での展覧会等と違い,ご飯でも食べがてら脚を運んで下さったり,これだけの作家の中から様々な発見する方ありで、こちらもお客様も共に楽しめた展覧会だったのではないかと思う。



さて、”これが終わればひと息”と思いきや、題名の”全陶展”の開催。11月2日より12日、
e0181802_16385930.jpg

東京都美術館にて
搬入搬出に行かれないので,今年は出品を辞退するつもりが,代理で持って行ってあげるわよ,と,神奈川の石栗氏に言って頂き,作品を託させて頂いた。

この展覧会は私が高校時代、夏休みのすべてを祖母の家に泊まり込み通っていた、倉敷の酒津焼 岡本章先生が所属している展覧会だと言うこともあり,ここ5〜6年出していた。
結果、奨励賞を頂いた。
e0181802_1649253.jpg


3日の授賞式当日には”三崎でのんびり”の作陶日ではあるのだが・・・。ギリギリ間に合う時間には行かれるだろう。
これで勢いに乗り、20年間選外通知を受け取り続けている伝統工芸展にも入れば良いのだが・・・。




もう一つ,芸術の秋、展覧会の案内。
私が指導に行っている”横浜市陶芸センター”ここの陶芸祭も31日より11月4日の5日間開催される。これは次の日記にアップすることにしよう。
[PR]
by koajirotoubou | 2009-10-28 17:06 |
<< 横浜市陶芸センター 赤レンガ倉庫 11の形展 会場 >>