「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

井上惠介の陶芸と盆栽の日々

koajirotou.exblog.jp

カテゴリ:景( 13 )

水面

e0181802_8471346.jpg

眼光の奥に焼き付く光、ふと気がつくと身体の芯まで冷えていた。
[PR]
by koajirotoubou | 2012-02-08 08:47 | | Comments(0)

各地で積雪

昨日は帰宅時に雪に見舞われた方も多かった様ですが、ここ三浦はみぞれ混じりの雨がぱらっと降っただけ、景色も一変、
熱海も真っ白。
e0181802_8505643.jpg


丹沢方面も真っ白。
e0181802_852159.jpg


雪国大好きな私も、ここから南アルプスに思いを馳せている。
e0181802_85353100.jpg

[PR]
by koajirotoubou | 2012-01-24 08:55 | | Comments(0)

夜磯

冬の大潮の夜、一年で一番潮が引く、
e0181802_11544319.jpg

普段は海の中の岩も、
e0181802_3463762.jpg

ひじきも剥き出し
e0181802_3472218.jpg

様々な海藻も手に取る様に観察できる。
e0181802_4121247.jpg

やどかり
e0181802_3484288.jpg

イソギンポ
e0181802_349179.jpg

これも貝類
e0181802_4123787.jpg

e0181802_350616.jpg

オヤスミ中、保護色で
e0181802_12102699.jpg

ウミウシはお食事中
e0181802_3512882.jpg

アメフラシも何かついばんでいる様子
e0181802_3515498.jpg

クロナマコも
e0181802_4131664.jpg

アカナマコも
e0181802_12135314.jpg

そして究極のお魚、冬の海に出てくる体調1,5センチ程の愛らしい「ダンゴウオ」
e0181802_3525616.jpg

そしてすっかり子の刻、伊豆半島の光がチラチラ。
e0181802_12205450.jpg

岩の上にカメラを置き、30秒開放。

「北からの海流、もうすぐ来るよな〜」と、福島原発が漏らしている放射性物質を含んだ海流が頭をよぎる中、次の制作に向けての自然観察終了。
[PR]
by koajirotoubou | 2012-01-09 12:30 | | Comments(3)

雪の日の串刺し富士

今週月曜夕方から火曜未明にかけた積雪より、先月1月30日の雪の方がここ三浦では多かった。
どちらにしても次の日まで残らなかったが・・・。

e0181802_1411414.jpg


低く垂れ込めた雪雲の間から覗く串刺し富士、

e0181802_14123142.jpg

伊豆半島、伊東あたりに沈む夕日。

冬の澄んだ空気で、まだもう少しこの景色も楽しめそうだ。
e0181802_14124617.jpg


ミニ盆栽達の棚場もこの程度の積雪。(積雪じゃないかっ)
[PR]
by koajirotoubou | 2011-02-17 14:15 | | Comments(0)

城ヶ島のネコ

城ヶ島は、野良猫ちゃん達がいっぱい。幸せなネコは家を与えられている。
e0181802_14413077.jpg

観光客の食べ残し、釣り客の投げていく雑魚、
e0181802_14422996.jpg

島内にはマグロや養殖魚の加工場のひしめくところもある。
毎日出てくるマグロの切り粉、落とし、そんなマグロを主食にしているネコ達もいる。
当然お腹がいっぱいになれば食べないのがネコ。さて。
e0181802_14425022.jpg

[PR]
by koajirotoubou | 2010-10-02 14:43 | | Comments(0)

ロックの後は

心鎮めて・・・去り行く一日を・・・
e0181802_2535348.jpg

じっと上から見守っていた太陽


e0181802_2561633.jpg

大島。
1月の終わりに。
[PR]
by koajirotoubou | 2010-03-26 02:58 | | Comments(2)

夜磯

冬の大潮の夜磯は、普段見られない生き物がいる。
友人のお魚研究家とともに繰り出した。
e0181802_21444220.jpg

石のうしろを念入りに観察するお魚研究家
岩をひっくり返したら元に戻しておくのが原則です。
e0181802_2145330.jpg

さて、バケツに取った生き物の観察です。
e0181802_22164013.jpg

これが噂の・・・
e0181802_2147324.jpg

「だんごうお」可愛いでしょ!
冬の寒い海でしか観察できません。これを飼育している人もいるんですよ。冷蔵庫で。
ひじきとウニも見えますね。
そして何と今回はゲストも登場です。
最近見かけなくなりましたが。
e0181802_22195453.jpg

ぽんぽこ
そう、たぬきさんです。
釣り客が外道でもやるんでしょうか
この後私の足元2メートルまで接近してきました。
[PR]
by koajirotoubou | 2010-02-28 22:25 | | Comments(4)

家に入りたかった・・・?

雨で洗われたガラスに、何やら影が・・・
e0181802_0103773.jpg

しっかり目玉まで転写されている。
そんな勢いのまま我が家に入りたかったのか・・・。
e0181802_0122945.jpg

鳶ならもっと大きい筈・・・。
なら・・・からす?
ん〜〜でも鳩の様だ。
脳しんとうでも起こしていないと良いのだが・・・、
姿が見えない所を見ると、無事に飛び立ったか・・・。
[PR]
by koajirotoubou | 2010-02-16 01:22 | | Comments(4)

カモメに気を遣う

働く車も、
e0181802_13234411.jpg

自転車も、
e0181802_13242023.jpg

釣りをしていたお兄さん?
e0181802_13244825.jpg

・・・も
通過に気遣う。
加工場からまぐろの端切れをもらう為か・・・
e0181802_13271554.jpg

野性味を失う・・・。

昨日の護岸工事問題に続き、
静かに海を見つめて考えなければいけないのは一体誰だ!
e0181802_13274748.jpg

[PR]
by koajirotoubou | 2010-02-08 13:34 | | Comments(3)

寒中水泳・・・?

近くの漁港を通ったら、海に向ってユンボががんがん突っ込んでいた。
e0181802_9191782.jpg

・・・
よく見ると・・。
人が海に入っている!
寒そ〜と思っていると・・・
e0181802_9243949.jpg



はっきり言って楽しんでいるんじゃないか・・・?

e0181802_9205672.jpg

深さを測っていたんだね。

ま、それはともかく
この岸壁、自分らが住んでいた20年前頃、度々大潮で岸壁に水が上がっていた。
聴いた訳ではないから分からないが、温暖化に因る海面上昇・・・その為の工事?
この景色の先にある、未だに使う宛も無い埋め立てに因る汚泥の堆積?

岸壁工事は近海物を穫って来る漁師が使い易くなり、美味しい新鮮な魚を食べられる訳だが、
海岸がどんどん人工物化されているのを見ると地球の叫びが聞こえる様だなぁ〜・・・。
[PR]
by koajirotoubou | 2010-02-07 09:37 | | Comments(2)