「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

井上惠介の陶芸と盆栽の日々

koajirotou.exblog.jp

カテゴリ:美( 12 )

寒い日の楽しみ

e0181802_2212068.jpg

年に何回かの氷が張る寒さでも、観察の楽しみがある。毎回違う表情を見せてくれる。
[PR]
by koajirotoubou | 2012-02-04 22:12 | | Comments(1)

大草原の・・・

e0181802_11423987.jpg

樹氷さながら、ここ三浦も今朝は氷が張りました。
[PR]
by koajirotoubou | 2012-01-30 11:42 | | Comments(0)

水たまり

e0181802_1759.jpg

2月のある日
滅多に凍る事の無い三浦で。
[PR]
by koajirotoubou | 2010-04-30 01:10 | | Comments(0)

冬至

柚子湯やカボチャの話ではないんです。

数年やっていたキャンドルナイトも今回もスルーさせてもらいました。
来年の夏至には、もう呼ぶ人が数名上がっていますので乞うご期待。

さて、ただただ夕日が綺麗だったので、
ダイヤモンド富士、は前に出したと思いますが、
今回はダイヤモンド天城
篤とご覧下さい。2枚ですけど。
e0181802_2481034.jpg
e0181802_2482090.jpg

[PR]
by koajirotoubou | 2009-12-23 02:49 | | Comments(1)

秋の陽は

釣瓶落とし
e0181802_115022.jpg



e0181802_1152274.jpg



e0181802_1154791.jpg

[PR]
by koajirotoubou | 2009-10-14 01:16 | | Comments(2)

月を遊ぶ

先日の福泉寺さんから
良い月が出ていますよ。
とお電話を頂き家族で行ってきた。

雲一つない闇夜・・・いや”月夜”

月光撮影なので、画像の質には目をつぶって下さい。
本堂の縁側にゴザを敷き、お皿に水を張り,花器にはススキと・・・笑
e0181802_825173.jpg


月影 目が慣れてくるとものすごく明るいんです。
e0181802_8454469.jpg


しかもちょうど良い位置にお月様。
e0181802_8465453.jpg


ご住職と静かに会話しながらのお月見。
e0181802_848179.jpg


時折吹く風に 水面は波立ち 月も震える
 
 
・・・。
普段、我が家は裏通りに面しており、いつも車の音と生活している。
この寺のなんと無音の、
では無く、
自然の音とともに
虫の音、遠く波の音、葉の触れ合い・・・。
子どもたちも心地良さにうっとり。


最後にご住職のひと言

「坊主の説法より、こうして遊ぶ事を皆さんに経験してもらうんですよ。」

ゆっくりした時間をご住職と過ごす、これがまさに禅の精神・・・と。
[PR]
by koajirotoubou | 2009-10-06 09:15 | | Comments(1)

秋の雲

澄み渡った空を見上げると
e0181802_8511612.jpg

朝晩涼しく,風も冷たくなり・・・
e0181802_8513728.jpg

これからの季節が一番好き。
[PR]
by koajirotoubou | 2009-09-25 08:54 | | Comments(1)

真っ赤・真っ黒

工房展の中間日の昨夕の空

真っ赤
e0181802_9252163.jpg

何度も言うがこの電線が・・・
e0181802_9253219.jpg

今朝は真っ黒
e0181802_925388.jpg

[PR]
by koajirotoubou | 2009-09-20 09:28 | | Comments(3)

中秋の名月

横須賀にある三笠公園、
ここ三浦半島に移り住んで二十有余年、初めてこの公園に足を踏み入れた。
明治に創建された戦艦三笠、この中でお月見の会が催された。
e0181802_714939.jpg


悠 「木凪」の会(漢字が出て来ないので括弧で)ゆうなぎの会。
茶道裏千家淡交会横須賀支部から派生したこの会、お茶を通して様々な人や物事と出会い、楽しもうという会です。
この日は、この三笠の中で中秋の名月を楽しみ、お茶を頂く会に参加させて頂いた。
e0181802_7141746.jpg

まさかこの部屋で東郷平八郎といっしょに頂く訳には参りません。
e0181802_717250.jpg

100名近い参加者だったでしょうか。
ちょうど席に着くとき、サルベージ船が猿島の上に真っ赤なお月さまを引っ張り上げました。
e0181802_718501.jpg

三笠の舟に 月あかり
お弁当を頂く。
e0181802_7351295.jpg

帰りにはサルベージ君の頭が光り、
その後は雲に隠れてしまいました。
e0181802_7374923.jpg

[PR]
by koajirotoubou | 2009-09-09 07:43 | | Comments(1)

大潮の晩

昨夕近所の森に入り、アカテガニの産卵を見た。
 普段、こやつらは山に棲息し、我が家にも迷い込み、気が付かぬ場合には乾燥ガニが出来上がっている。
e0181802_821264.jpg

友人と観察に行こうとしていると、小網代の森を守る会のメンバーと遭遇「カニパト」メンバーが、飛び入りの私たちにも取組や観察方法を説明してくれた。
e0181802_8183573.jpg

 大潮の日に彼女らは海に向かい、波打際で身体中を震わせて、砂煙のような微塵の卵を産み落とす。(正確に言うならばゾエアを放仔)
e0181802_8403175.jpg

いよいよハマカンゾウの咲く横を直角に海に、
人は海、カニは陸。の合い言葉で海に入る。
e0181802_8313510.jpg

 待ち構えるのはボラの子供達。3〜4年の生涯で、4〜50万の卵を産む。
親に成れるのはたったの2匹、その他は早めに生態系の循環に戻って行く。
e0181802_832268.jpg




ヒトも遅かれ早かれ循環の一部に入るんだよなぁ〜。
淡々と流れに沿って、されど必死に毎日を・・・、その日が来るまでは。

     ***注意***
この森へは、特に夏の間はスズメバチ、マムシの危険性がありますので森の中の通行はお奨めしません。
森への入り方にも注意が必要です。詳しくは小網代を守る会のサイトを訪ねると良いでしょう。
[PR]
by koajirotoubou | 2009-08-25 08:53 | | Comments(2)